start small filmmaking

映像クリエイターfilmpackerのブログです。撮影や編集など映像制作に関することを、綴っていきたいと思います。

Premiere Proでの映像編集で覚えておきたいJKLキーの使い方

 f:id:parakoba:20170609221108j:image

Premiere Proで映像編集をするときに、JKLキーを使うと作業がちょっと快適になります、というお話です。(FCPXなども基本的には一緒です)

 

J:巻き戻し(左へシャトル)

K:ストップ(シャトルの停止)

L:早送り(右へシャトル)

 

私は元々はリニア編集機(テレビ局の編集室にあるような編集機)を扱っていたのですが、JKLキーを使うのはそれに近い操作感覚です。

Lキーを1回押せば再生します。さらにLキーを押すと早送り、何回か押せばその分シャトルがどんどん早くなります。

Jキーの場合は、逆方向に同様なシャトルの動きをします。

JキーとKキーで行ったり来たりしながら、Kでストップ。そしてもう1回Lキーで再生。私はこんな感じでシーケンス上を操作しています。

あとは左右のカーソルで1Fずつ移動したり、イン点(Iキー)アウト点(Oキー)などを組み合わせたりして編集していくのですが、それと併せてJKLキーを使っていくと、編集作業も少し快適になるかなと思います。

やり方も人それぞれなので一概には言えませんが、もし知らなかったというかたがいらっしゃったら、1つの方法としてぜひお試しください。